相談予約

ブログ|中央区月島・勝どきで矯正歯科・小児歯科を行う「つきしま矯正こども歯科」

〒104-0052 東京都中央区月島3-13-7

診療日はこちら

Tel.03-3520-9272

つきしま矯正こども歯科

ブログ|中央区月島・勝どきで矯正歯科・小児歯科を行う「つきしま矯正こども歯科」

MENU

ブログ

Blog

お砂糖がなくても、美味しいお菓子ができちゃうんです!

こんにちは。つきしま矯正こども歯科(中央区勝どき・月島)です。

お家に居る時間が長く、お菓子づくりに挑戦される方も多いのではないでしょうか?

どうせ手作りするなら健康にいいお菓子の方が、食べていて罪悪感もないですよね…

また、私たちスタッフも、虫歯予防について「おやつにはなるべくお砂糖の入っていないお菓子を選んでください」と皆さんにお話しすることはありますが、実際気をつけようとすると選択肢が狭まって困ってしまうのが本音だと思います…

一般的に使われている白砂糖は、糖液と分離させた結晶の中から、甘味成分の「ショ糖」だけを精製したものを指します。

さまざまな用途で使われている白い砂糖ですが、実は健康維持に必要不可欠なミネラルなどの栄養素は取り除かれてしまっているのです。

ということは、栄養素がないただのカロリーの塊で、虫歯の原因になる元だということ…

なるべくなら控えたいですよね 😥

では、どうしたらお砂糖がなくても甘味のあるお菓子を作れるのでしょうか?

実は、果物や野菜の甘味を活用することで、お砂糖の量を減らすことができます!

今回は『さつまいも』を使って、お砂糖不使用のクッキーを作ってみたいと思います 🙂

皮をむいてレンジで加熱したさつまいもを冷まして、ジッパー付きの袋に入れます。

小麦粉大さじ3、サラダ油大さじ1を入れて、全体が馴染むまで揉みながら生地をまとめます。

まとめられたら平たくして1時間冷蔵庫で寝かせた後、生地を麺棒で2~5mmほどの厚さに伸ばし型抜きしたらクッキングシートの上に並べます。

180℃に熱したオーブンで20~25分焼いたら完成です!

歯の形のクッキー型は、牛乳パックを使って作りました!

生地を寝かせている間に好きな型を作ってみるのもいいかもしれません 😮

型がなくても、薄めに伸ばして包丁でお好きな大きさにカットしてもサクサクに仕上がります。

噛み応えがあって、素朴な甘さのクッキーになりました!

お砂糖が入っていないといっても、食べた後はしっかり歯磨きしましょう 😛

おうち時間の余暇に是非作ってみてください!

当院の小児歯科はこちらでご説明しております。

小児歯科を担当している副院長はこちらで紹介しております。