相談予約

ブログ|中央区月島・勝どきで矯正歯科・小児歯科を行う「つきしま矯正こども歯科」

〒104-0052 東京都中央区月島3-13-7

診療日はこちら

Tel.03-3520-9272

つきしま矯正こども歯科

ブログ|中央区月島・勝どきで矯正歯科・小児歯科を行う「つきしま矯正こども歯科」

MENU

ブログ

Blog

デンタルフロスは、毎日やらなきゃいけないの?

 

こんにちは。つきしま矯正こども歯科です。

 

皆さんは、どのように日々のデンタルケアをしていますか?

ご来院される患者様から、デンタルケアについてのご質問をたくさんいただきます。

その中でも、多くいただく中の1つが「デンタルフロスって、毎日やらないといけないの?」というものです。

今回は、デンタルフロスの使用頻度についてお話いたします!

 

デンタルフロスはどのくらいの頻度で使えばいいのでしょう?

理想は…朝・昼・就寝前の3回です!

 

多い!と思われたでしょうか…

歯間のケアは毎食後、歯磨きと一緒にしていただくのが理想です。

しかし学校やお仕事などで、なかなか時間は確保できないですよね…

そこで、できれば1日1回デンタルフロスでしっかりケアをしていただきたいのです!

 

実は、歯ブラシでのケアだと歯と歯の間には毛先が届かず、食べかすや歯垢が残ってしまいます。

残った汚れは、むし歯や歯周病、口臭の原因になります。

デンタルフロスは、歯と歯の間にしっかりと入るため、汚れや食べかす、歯の側面にこびりついた歯垢を絡め取ります。

歯ブラシのみのケアの歯垢除去率は56%に対して、歯ブラシとデンタルフロスを併用してケアした場合は86%まで除去できます。

 

1日1回のデンタルフロスをするタイミングでおすすめなのは、就寝前の歯磨きのタイミングです!

睡眠中はだ液の分泌が減るため、汚れが洗い流されず、細菌の活動が活発になります。

寝る前の歯磨きと合わせてデンタルフロスを使い、しっかりと歯垢を取り除いておくことで、睡眠中の細菌の繁殖を防ぐことができます。

 

デンタルフロスには持ち手つきのホルダータイプ、糸を指に巻き付けて使うロールタイプがあります。

初めて使う方は、取り扱いやすいホルダータイプから使い始めましょう。

習慣化ができたら、より歯垢を取ることができるロールタイプを使用していただくのがおすすめです!

 

当院ではオススメのフロスや、患者さまに合った使い方、正しい使用方法などご案内させていただいております。

ご興味のある方は、是非スタッフへ♪