相談予約

ブログ|中央区月島・勝どきで矯正歯科・小児歯科を行う「つきしま矯正こども歯科」

〒104-0052 東京都中央区月島3-13-7

診療日はこちら

Tel.03-3520-9272

つきしま矯正こども歯科

ブログ|中央区月島・勝どきで矯正歯科・小児歯科を行う「つきしま矯正こども歯科」

MENU

ブログ

Blog

歯石ってむし歯になるの?

 

こんにちは、つきしま矯正こども歯科です。

今回は、歯石とはどういうものなのか、どうして付くのかなどお話していきたいと思います。

 

 

歯石とは?

プラークという細菌の塊が、唾液の中のカルシウム成分と混ざって石のように硬くなったもののことを言います。

歯磨きなどで磨き残したプラークが歯石になり始める時間は約2日と言われています。

唾液が出る場所の近く、特に下の前歯の裏側、上の奥歯の表側に歯石はつきやすいです。

さらに、歯石は表面がザラザラなのでその上にもプラークが溜まりやすく、磨き残してしまうとどんどん蓄積されていきます。

 

むし歯になるの?

歯石が直接的にむし歯の原因となることはありません。

しかし、歯石が『足場』となりプラークが付着しやすくなるためむし歯のリスクを高めたり、歯周病を進行させてしまったり、口臭の原因にもなります。

 

 

歯石になってしまうと、プラークと違って歯ブラシやフロスを使ったセルフケアでは落とせなくなってしまいます。

歯医者のクリーニングでしっかりと歯石を除去しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯石を作らないためにも、毎日正しい歯磨きをして磨き残しがない口腔内にしていくことが大切です。

磨き方がわからないなどあれば、遠慮なくお問い合わせください。

定期的な検診やクリーニングをお勧めします。

今年もお世話になりました。良いお年をお迎えください!!